看護実習記録 外泊の不安を聞き出すための統合失調症患者のコミュニケーション

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数837
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       実習記録の項目
       実習目標…統合失調症慢性期で外泊予定の患者に外泊先での不安や~
    計画項目(行動計画) …午前 午後~
    実施項目…午前 午後~
    実施項目…外泊先での不安、困っている事に関してのコミュニケー~
    情報…□歳男性、統合失調症、行動範囲自由、キーパーソンは姉夫~
    目的…①外出先での不安を傾聴し気持ちよくスムーズな外泊ができ~
    留意点…①外泊先での困った事があれば、退院できない理由も考え~
    必要物品…水筒、帽子、フェイスタオル、(散歩後であったため)~
    実施…実施内容 (プロセスコード)
       ①散歩の目的地に到着しリラックスして木陰で涼んでいる。~
    考察…外泊先での不安や、生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。