看護実習記録 心不全で水分コントロール中の患者の尿量・尿比重測定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,870
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       実習記録の項目
       実習目標…心不全で水分コントロールを行っている患者に感染を予防し~
    計画項目(行動計画) …午前 午後~
    実施項目…午前 午後~
    実施項目…尿量・尿比重測定~
    情報…老年期、男性、慢性心不全急性増悪、既往歴にペースメーカー植~
    目的…①水分出納バランスの観察と臓器の機能変調、病変を早期に発見~
    留意点…①蓄尿バッグは膀胱より低く位置させ、排尿口は必ずアルコー~
    必要物品…ディスポ手袋、ビニールエプロン、尿比重測定器(屈折計)、~
    実施…実施内容 患者の反応 看護者の気付き
       ①事前に時間尿、前回の比重を確認した。②手袋エプロン着用に~
    記録・報告…9:45 尿量..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。