整形外科レポート 踵骨骨折,OA,RAについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,823
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    障害運動変化原因治療神経主体看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    整形回診レポート               
    踵骨骨折 
      
    【はじめに】
     踵骨は足の縦アーチ構造の後方部分で、多くの足底筋が付着し、ほかの足根骨と強靭な靭帯によって連結して体重を支え、底屈運動においてアキレス腱のレバーアームとして作用する。また内返し、外返しが主運動の距踵関節や横足根関節を構成し、足根部の運動の中心的役割を果たしている。踵骨骨折は足部の骨折では最も頻度が高い骨折で、原因は高所から落ちて踵をつく場合が多く交通事故の場合もある。
    【症状】
     受傷直後より、患肢、特に踵部への荷重が不能となる。皮下出血、腫脹が著明であり局所の圧痛と足関節運動に伴う痛みが激しい。
    【診断】
     Ⅹ線像は、前後左右方向のほか、軸射とアントンセン法で撮影する。前者は踵骨後面にフィルムをおき、足関節をなるべく背屈させて足底部から斜方向にとる。
     後者は、足部の外面をフィルムの上に置き20度乗法30度後方からⅩ線を入れる。正常では、踵骨溝を中心として後距踵関節面が平行に見えるので、骨折による関節面の転位をはっきり診ることができる。
     完全な踵部体部骨折では踵骨は扁平化する。Ⅹ線左右像で踵骨隆起上端..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。