末梢神経損傷レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,682
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    神経障害運動知覚再生能力原因特徴細胞感覚看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    末梢神経損傷レポート
    1.一過性伝導障害(neuraplaxia)
    [障害の特徴]圧迫や牽引などにより神経線維に局所的な脱髄変性が起こり,神経の伝導能力が傷害される.軸索や内膜は損傷されず,神経の伝導障害も局所的な障害部位に限局したものである.原因がとり除かれれば障害部位は自然に修復され,伝導能力は元通りに回復する.
    [発症機転]術中・術後の不良肢位などにより腓骨頭部が圧迫されることで生じる腓骨神経麻痩や腕枕などで生じる橈骨神経麻痺がこれに相当する.
    [臨床症状]知覚麻痺が軽度,運動麻痺がより強いことが多い.これは圧迫には太い神経線維である運動神経の方が,細い線維である知覚・自律神経線維り抵抗力が弱いことに起因していると考えられている.
    2.軸索損傷(axonotmesis)
    [障害の特徴]軸索の連続性が損なわれ,損傷部位から終末部に至るまで軸索が完全に変性するWallar変性に至り,運動・知覚および自律神経は完全麻痺を呈する.しかし,神経内膜・周膜の連続性は保たれ,原因が除去できれば軸索は元の経路に沿って再生し,完全回復が期待できる.軸索の再生は中枢側の健常軸索より末梢に向かって進み..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。