整形外科レポート 大腿骨頸部骨折(大腿骨頚部骨折)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,723
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    高齢者問題障害老人合併治療分類能力生活精神看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    大腿骨頸部骨折(外側)、Gamma locking nail術後の後療法について
                    
    Ⅰ.老人の骨折   
     老人の骨折は骨粗鬆症が背景にあり、比較的小さな外力で発症し、成人の骨折とは多くの点で異なる。治療法としては上肢の骨折は出来るだけ保存療法を、下肢の骨折は出来るだけ早期離床を図るために積極的に手術を行なっている。老人は出来るだけ歩行能力の維持に努める。関節周囲の骨折が多く、関節機能の障害が起こりやすい。特に関節固定により容易に関節拘縮、筋肉の萎縮、褥瘡などを生じやすい。そしてその回復が遅くなるので、長期間の外固定は慎まなければならない。また、老人の骨折は骨皮質が薄く、外力が小さい割に骨折すると粉砕されて骨欠損が大きく、解剖学的な整復が困難なことが多い。あまりに局所にとらわれず関節の機能障害を最小限にするように心がける。老人は全身的合併症を多く持っている。合併症のコントロールも大切で、場合によっては合併症の治療が優先されなければならない。
    Ⅱ.大腿骨頸部骨折  
     大腿骨頸部骨折は高齢者に多くみられ、骨粗鬆症が深く関係し、ささいな転倒が骨折を引き起こす..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。