全身麻酔レポート (麻酔中、麻酔前後の看護、手術体位など 12ページ)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数9,153
ダウンロード数68
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    全身麻酔に関すること
    全身麻酔とは
    1.麻酔の作用機序と理論
    全身麻酔の効果・・・意識の消失、鎮痛および筋弛緩(不動)
    多種類の薬剤を用いる
    2.麻酔の深度と生体の特徴
    生体は麻酔の深さに対応して特徴的な臨床徴候を示す。第1期の無痛期では意識は完全に覚醒しており、疼痛のみ消失する。第2期は興奮期であり、各種の反射が亢進する。不規則な呼吸、活発な眼球運動、瞳孔の散大、血圧の上昇、頻脈、嚥下および嘔吐反射も活発であり、麻酔導入時の大部分の合併症はこの時期に見られる。すなわち、麻酔の導入に際してはいかにこの時期をスムーズに乗り切るかが重要である。第3期は麻酔期であり、外科麻酔期には呼吸は抑制されるが規則的となる。眼球運動は消失し、眼瞼の瞬目反射、角膜反射、嚥下反射や咽頭喉頭反射もすべて消失し、瞳孔は縮瞳する。外科手術はこの時期に安全に行うことができる。深麻酔期には呼吸抑制が著しく奇異呼吸(シーソー呼吸)が見られ、血圧は低下し徐脈となる。瞳孔は次第に散大し、対光反射は消失する。第4期は延髄麻酔期であり、呼吸停止、循環停止、瞳孔散大、脳波平坦化、肛門括約筋反射消失が見られる。
    3.全身麻..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。