レポート 錐体路と感覚路について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,017
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    情報運動障害神経回路自由影響細胞繊維看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    錐体路と感覚路について
    【中枢神経と末梢神経】
     神経系をその構造面から考えると脳及び脊髄を中枢神経(Central Nervous System)中枢神経から出て身体各部に信号を送る経路を末梢神経系(Peripheral Nervous System)という。中枢神経系は末梢より伝達された情報を処理し、また、末梢へ情報を送るのがその構造の特徴と情報処理の行われるレベルから、大脳、間脳、小脳、中脳、橋、延髄及び脊髄に分けられる。末梢神経は感覚器から中枢へ、また、中枢から効果器への情報伝達経路であり、脳より発する左右12対の脳神経と31対の脊髄神経が混在している。  
    【錐体路(pyramidal tract)】   
     大脳皮質の前中心運動野や後中心運動野、頭頂連合野から出発し、延髄錐体を通過して脊髄に下行する運動性経路をいい、随意運動の指令を伝える伝導路をいう。  1)
     運動指令を行う主な伝導路(下行性伝導路)には、錐体路と錐体外路があり、ここでは、錐体路について述べる。錐体路は大脳皮質の運動野の錐体細胞から発し、骨格筋の随意運動を支配している。この経路は、錐体と呼ばれる部分を通り..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。