整形外科レポート 腰部脊柱管狭窄症について (概論、原因、症状、診断、治療)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,625
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    女性神経合併治療原因男性不安看護看護学レポート

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    腰部脊柱管狭窄症について
     
    1.概論
    脊柱管が狭くなり中に存在する馬尾・神経根が慢性的に絞扼されて神経症状が生じた状態の総称.
    2.原因
    ①先天性(発育性)脊柱管狭窄:脊柱管が正常より狭く成長したもの.特に軟骨無形成症の狭窄は代表的かつ重篤である.
    ②後天性脊柱管狭窄症
    a.変性脊柱管狭窄症:ほとんどがこれ.
         男性に多い―変形性脊椎症(多関節間に狭窄が生じる傾向にある)
         女性に多い―変性すべり症(主にL4,5椎間に生じる)
        *変形性脊椎症(椎体の辺縁と椎間関節に顕著な骨棘が多椎にわたって生じた状態.高齢の男性,特に腰に負担のかかる労働に長く従事していた人により著し

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    腰部脊柱管狭窄症について
     
    1.概論
    脊柱管が狭くなり中に存在する馬尾・神経根が慢性的に絞扼されて神経症状が生じた状態の総称.
    2.原因
    ①先天性(発育性)脊柱管狭窄:脊柱管が正常より狭く成長したもの.特に軟骨無形成症の狭窄は代表的かつ重篤である.
    ②後天性脊柱管狭窄症
    a.変性脊柱管狭窄症:ほとんどがこれ.
         男性に多い―変形性脊椎症(多関節間に狭窄が生じる傾向にある)
         女性に多い―変性すべり症(主にL4,5椎間に生じる)
        *変形性脊椎症(椎体の辺縁と椎間関節に顕著な骨棘が多椎にわたって生じた状態.高齢の男性,特に腰に負担のかかる労働に長く従事していた人により著し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。