整形外科レポート 腰痛について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数501
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    運動神経治療姿勢観察分離看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ―腰痛―
    1.腰椎
        
    椎骨間のすべての靭帯系が運動の制限を行っている.
     1.棘間靭帯
       棘間靭帯は,隣接する2つの棘突起間において,その棘突起の上縁と下縁に強固に付着した矢状方向の線維性中隔である.棘間靭帯は,上から下へいくに従い,より厚くなっていき,力学的に非常に強靭となる.棘間靭帯は,《棘突起の尖端を連結している長い線維性の帯状形態》をしている強大な棘上靭帯によって補強されている.棘上靭帯は,頚椎では非常に厚く
      矢状方向の線維性の板状形態となる.つまり,これは項靭帯の後方部分となり,後頭骨と頚椎棘突起尖端を結んでいる.この矢状方向の線維性の板状の靭帯に項部後方の筋が付着している.以上の靭帯は,屈曲の強力な制動要素である.これらは,屈曲の際に椎間板内圧を効果的に減少させる.また,椎間関節の蝶番作用を同部に限局させる.すなわち,これらの靭帯を緊張させることで,椎間板が押しつぶされるのを防いでいる.
     2.黄色靭帯
       黄色靭帯は,隣接する椎弓を連結している.非常に厚くて強靭であり,かなりの弾力性をもっている.弾力性に富んでいるため,屈曲,側屈(運動と反対側に位置する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。