整形外科レポート 高齢者の転倒骨折と認知症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,561
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『高齢者の転倒骨折と痴呆』
    【はじめに】
     今回、高齢者の骨折にアプローチしていく中で、痴呆が問題点の回復の遅延を起こしている要因であると考えたために高齢者の転倒骨折と痴呆の関係を調べ以下に報告する。
    【高齢者の転倒骨折の特殊性】
     高齢者では、転倒経験が身体的及び精神的な影響を及ぼす。転倒は、時には明らかなに歩行能力の低下をきたし、約5%に骨折を招来する。
    高齢者はささいな転倒で骨折する。高齢者の転倒には内的要因と外的要因がある。内的要因には末梢神経障害、坐骨神経障害、姿勢異常、注意障害などがある。葛原は、転倒の理由は、加齢によって視力、聴力、平衡感覚、位置覚、四肢筋力、瞬発力、機敏動作などが低下して転倒しやすい状態にあるためであり、これらに何らかの疾患が加わると、さらに転倒しやすくなると述べている。これらに加えてCummingsらは、痴呆、鎮痛剤・睡眠剤の内服、パーキンソン病の既往など具体的な疾患や薬剤の影響をあげている。外的要因には段差、敷居など家屋構造の問題、スロープ、コード、ジュ-タンのつまずき、床面の滑りなどである。
     高齢者の場合、骨折が治っても再び別の骨折を引き起こすこ・・・

    【転倒予防策】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『高齢者の転倒骨折と痴呆』
    【はじめに】
     今回、高齢者の骨折にアプローチしていく中で、痴呆が問題点の回復の遅延を起こしている要因であると考えたために高齢者の転倒骨折と痴呆の関係を調べ以下に報告する。
    【高齢者の転倒骨折の特殊性】
     高齢者では、転倒経験が身体的及び精神的な影響を及ぼす。転倒は、時には明らかなに歩行能力の低下をきたし、約5%に骨折を招来する。
    高齢者はささいな転倒で骨折する。高齢者の転倒には内的要因と外的要因がある。内的要因には末梢神経障害、坐骨神経障害、姿勢異常、注意障害などがある。葛原は、転倒の理由は、加齢によって視力、聴力、平衡感覚、位置覚、四肢筋力、瞬発力、機敏動作などが低下して転倒しやすい状態にあるためであり、これらに何らかの疾患が加わると、さらに転倒しやすくなると述べている。これらに加えてCummingsらは、痴呆、鎮痛剤・睡眠剤の内服、パーキンソン病の既往など具体的な疾患や薬剤の影響をあげている。外的要因には段差、敷居など家屋構造の問題、スロープ、コード、ジュ-タンのつまずき、床面の滑りなどである。
     高齢者の場合、骨折が治っても再び別の骨折を引き起こすこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。