拘縮・強直・硬着レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,813
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    組織問題評価運動原因治療神経予防理解繊維看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                拘縮・強直・硬着
     関節は、骨、関節軟骨、靭帯、関節半月、関節半月など非収縮的と筋を含む収縮要素でなりたっているが、さまざまな原因で関節可動域が正常より制限された状態を関節硬着stiff jointという。原因が関節包外の靭帯、筋、皮下組織、皮膚などの軟部組織により関節可動域をきたした状態を拘縮contractureといい、関節包内の病変が原因の場合は強直ankylosisとよんでいる。
     拘縮を生じる組織は靭帯、筋、皮下組織、皮膚などの軟部組織であるが、それぞれ組織別の拘縮の原因を表に示す。
      原因 組織別 起因 理学療法手段 拘縮 関節包外に問題 皮膚性 熱傷後 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。