頚髄損傷レポート 53ページ

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数54
閲覧数3,403
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    目次

    Ⅰ はじめに ―――――――――――― P1
    Ⅱ 概念 ―――――――――――――― P1
    Ⅲ 解剖・生理 ――――――――――― P1
    1) 脊柱
    2) 脊髄
    3) 末梢神経
    4) 運動神経の走行
    5) 感覚神経の走行
    6) 自律神経
    7) 脊髄の血液供給
    8) 脊髄反射
    Ⅳ 発生原因 ―――――――――――― P3
    1) 外傷性脊髄損傷の発生原因
    2) 諸外国における発生原因
    3) スポーツ事故
    4) 外傷以外の原因
    Ⅴ 発生機序 ―――――――――――― P4
    1) 過伸展
    2) 過屈曲
    3) 頭頂部から垂直方向の外力
    4) 回旋力
    Ⅵ 診断 ―――――――――――――― P4
    1) 診察
    2) 神経学的検査
    3) 高位診断
    4) 完全麻痺・不全麻痺と予後の診断
    5) 損傷範囲による分類
    6) 評価法
    7) 画像診断
    Ⅶ 主症状 ――――――――――――― P8
    1) 脊髄ショック
    2) 呼吸麻痺
    3) 知覚麻痺
    4) 運動麻痺
    5) 自律神経機能障害
    Ⅷ 合併症 ―――――――――――― P10
    1) 褥瘡
    2) 排尿障害
    3) 消化器官
    4) 異所性化骨
    5) 疼痛と幻肢知覚
    6) 拘縮
    7) 性機能障害
    8) 高カルシウム血症
    9) 痙性
     10)深部静脈血栓症と肺塞栓
     11)不整脈
     12)脊髄空洞症
    Ⅸ 治療 ――――――――――――― P12
    1) 初期治療
    2) 保存的療法


    3) 薬物療法
    4) 観血的療法
    Ⅹ リスク管理 ―――――――――― P16
    1) 褥瘡
    2) 尿路障害
    3) 消化管障害
    4) 拘縮
    5) 痙性
    6) 深部静脈血栓症と肺塞栓
    7) 不整脈
    8) 疼痛
    9) 異所性化骨
     10)知覚障害
     11)自律神経障害
    ⅩⅠ心理 ――――――――――――― P17
    1) 障害受容とは
    2) 受容の過程
    3) 受傷後の心理に影響を及ぼす要因
    ⅩⅡ理学療法評価 ――――――――― P20
    ⅩⅢ理学療法プログラム ―――――― P22
      ◆急性期
      ◆慢性期
    ⅩⅣADL ――――――――――――― P29
    1) 食事動作
    2) 排泄動作
    3) 入浴動作
    4) 整容動作
    5) 更衣動作
    6) 四肢麻痺の把持動作
    7) 障害レベル別の筋、動作
    ⅩⅤ家庭復帰 ――――――――――― P35
    1) 居室
    2) 通路とドア幅
    3) 段差
    4) 垂直方向への移動
    5) 水平方向への移動
    6) 排泄
    7) 浴室
    8) キッチンスペース
    9) ベッド
     10)ガレージ
     11)コミュニケーション
    ⅩⅥ社会参加 ――――――――――― P37
    1) 就労
    2) 就学
    3) スポーツ活動
    4) 自動車の運転
    5) 結婚生活
    6) 地域生活
    ⅩⅦ社会資源 ――――――――――― P43
    1) 身体障害者施策に関する法制
    2) 福祉サービス
    3) 在宅サービス
    4) 施設サービス
    5) 所得保障
    6) 経済負担の軽減
    ⅩⅧ おわりに ―――――――――― P52

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目次
    Ⅰ はじめに ―――――――――――― P1
    Ⅱ 概念 ―――――――――――――― P1
    Ⅲ 解剖・生理 ――――――――――― P1
    脊柱
    脊髄
    末梢神経
    運動神経の走行
    感覚神経の走行
    自律神経
    脊髄の血液供給
    脊髄反射
    Ⅳ 発生原因 ―――――――――――― P3
    外傷性脊髄損傷の発生原因
    諸外国における発生原因
    スポーツ事故
    外傷以外の原因
    Ⅴ 発生機序 ―――――――――――― P4
    過伸展
    過屈曲
    頭頂部から垂直方向の外力
    回旋力
    Ⅵ 診断 ―――――――――――――― P4
    診察
    神経学的検査
    高位診断
    完全麻痺・不全麻痺と予後の診断
    損傷範囲による分類
    評価法
    画像診断
    Ⅶ 主症状 ――――――――――――― P8
    脊髄ショック
    呼吸麻痺
    知覚麻痺
    運動麻痺
    自律神経機能障害
    Ⅷ 合併症 ―――――――――――― P10
    褥瘡
    排尿障害
    消化器官
    異所性化骨
    疼痛と幻肢知覚
    拘縮
    性機能障害
    高カルシウム血症
    痙性
     10)深部静脈血栓症と肺塞栓
     11)不整脈
     12)脊髄空洞症
    Ⅸ 治療 ――――――――――――― P12
    初期治療
    保存的療法
    薬物療法
    観..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。