気管支喘息レポート(Bronchial Asthma) 7ページ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,167
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    気管支喘息(Bronchial Asthma)について 
    <概論>
    気管.気管支が種々の刺激に対して反応性を高め、その為気道の狭窄(形態学的には気管支痙攣・気管支粘膜腫脹・粘液分泌亢進などを)を起こして、痙攣性の呼気性呼吸困難と咳・喘鳴などをおこす疾患で、その状態は自然に、あるいは治療によって改善される。
    本症はすべての年齢層におこり、性別や地域・人種による差はない。幼児期に発症する者が多いが、成人になって初めて発症する者も少なくない。
               〔図1 気管支狭窄の病態〕5)
    <原因>
    アレルギー説・感染説・自律神経失調説・精神身体的失調説・内分泌異常説・β受容体機能異常説など、様々な説が唱えられていたが、現在では、Ⅰ型アレルギー反応と、それに続発する急性・慢性の炎症(アレルギー性炎症)による気道過敏性の亢進と理解される。
    アトピー型では環境アレルゲンに対するIgE抗体が証明され、IgE非依存性のものとして、迷走神経反射、気道感染、アスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬、ストレスなどがあり、まだ不明な点も多く残されている。これらの説のうちどれか単一の要因によると考えるより..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。