肺炎・肺アスペルギルス症患者の看護サマリー (受持患者看護要約)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数4,142
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    受持患者看護要約とその学び [様式 10]
    成人・老年看護学実習Ⅲ    実習場所  ( ※病院  ※ 病棟 )  番号 番 氏名 
    .
    患者氏名 : S・S 氏 性別 : 男性 年齢 : 81歳 発達段階 : 老年期 健康段階 :急性期~回復期
    病名
    肺炎 肺アスペルギルス症
    主要症状(受持ち期間中の主な症状)
    咳嗽・喀痰喀出・労作性呼吸困難
    看護上の問題
    #1 疾患に対する認識不足に関連した自己管理不足
    #2 咳嗽・喀痰喀出困難、肺機能低下に関連した労作時呼吸困難
    #3 換気能低下による易疲労性、左下肢のしびれ・右下肢の膝折れがあることに関連した転倒の恐れ
    #4 疾患に対する予後、社会活動に制限があることに関連した不安・ストレス
    #5 夜間の咳嗽・喀痰、環境の変化に伴う生活習慣の変化に関連した睡眠パターン障害
    看護実践の経過
    #1 従来から呼吸器疾患を持たれていたことから、これまでの呼吸器感染の予防法について情報を得た上
    でS氏に付け足す点についてパンフレットを用いて説明をおこなった。入院生活中における口腔ケアの
    促しや必要性、またこれからの夏期に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。