胃潰瘍サマリー

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,867
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    受持ち患者看護要約とその学び [様式 10]
    成人・老年看護学実習Ⅳ     実習場所  ( ※病院  ※ 病棟 )  番号 番 氏名 
    .
    患者氏名 : Y・K 氏 性別 : 男性 年齢 : 55歳 発達段階 : 中年期 健康段階 : 急性期~回復期
    病名
    出血性胃潰瘍 (H15.9.29入院)
    主要症状(受持ち期間中の主な症状)
    看護上の問題
    #1 疾患の再発に関連した自己管理不足-食事習慣改善・服薬管理-
    #4 薬物療法・食事開始に関連した副作用・不快症状発現のおそれ
    #3 無理な体動・食事による刺激に関連した止血部からの再出血のおそれ
    #2 入院に伴う日常生活活動制限に関連した不安・ストレス発生のおそれ
    → 10/16日 退院により問題点終了
    看護実践の経過
    #1 出血性胃潰瘍に至った因子を把握するためにY氏のこれまでの食生活習慣について具体的な
    内容や職業の内容、既往歴、以前の服薬内容、また日常生活習慣の有無・状態についてうか
    がい、改善の必要性が考えられる食事・飲酒習慣および、早期の受診行動の重要性などにつ
    いてパンフレットを用いて助言・ア..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。