乳癌の症状診断・治療・予後

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数375
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■乳癌
    症状診断:腫瘍は表面凹凸不整で硬く、進行すると腫瘤の可動性が悪くなる。
    また、腫瘤上の皮膚や乳頭の陥凹がみられることがあり、晩期になると、皮膚面に潰瘍を形成して、出血をすることもある、さらに、腋窩のリンパ節にも転移しやすい。
    視診・触診のほか、乳房X線撮影(マンモグラフィー)、超音波検査、MRマンモグラフィ検査および穿刺吸引細胞診などが診断に有用である。
    治療:一般に、乳癌の根治手術として、患側の乳房切除術と腋窩リンパ節の郭清術が行われる。しかし、最近では、臨床病期が早期の場合、乳頭を温存して、乳腺の部分切除を行うことが多い。
    予後:乳癌の治療成績は、五年生存率で80-90%と比較的良..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。