前投薬の種類3項目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,548
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護医療医学看護学

    代表キーワード

    看護看護学前投薬の種類

    資料紹介

    前投薬
    麻酔前に生体反応の抑制、不安の除去、麻酔薬の量の減少を目的にして用いられる各種薬物で、副交感神経抑制薬(唾液、分泌物の抑制や、迷走神経反射の予防)、鎮痛剤(モルヒネ、ペンダゾシン)、鎮静薬(ジアゼパム)~
    副交感神経抑制薬:
    鎮痛薬;
    鎮静薬:

    (2)~(4)は不安の除去、麻酔薬の量の減少、を目的とし

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    前投薬
    麻酔前に生体反応の抑制、不安の除去、麻酔薬の量の減少を目的にして用いられる各種薬物で、副交感神経抑制薬(唾液、分泌物の抑制や、迷走神経反射の予防)、鎮痛剤(モルヒネ、ペンダゾシン)、鎮静薬(ジアゼパム)、睡眠薬(ニトラゼパム)などがある。
    副交感神経抑制薬:ペラドンナ系アルカロイド(アトロピン、スコポラミン)、唾液・分泌物の抑制や、迷走神経反射の予防に用いる。
    鎮痛薬;モルヒネ、メペリジン(オピスタン)ペンタゾシン(ソセゴン、ペンタジン)
    鎮静薬:ペントバルビタール(ラボナ)、ニトラゼパム(ネルボン)、トリアゾラム(ハルシオン)
    (2)~(4)は不安の除去、麻酔薬の量の減少、を目的とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。