経管栄養法の目的、注意事項、手順方法、観察ポイント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数44,720
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護医療医学看護学

    代表キーワード

    看護看護学経管栄養法

    資料紹介

    経管栄養法

    目的

    径管栄養法は、食事や水分を経口的に摂取できない場合、また活動に必要な量の食事が摂取できない場合に栄養チューブを介して積極的に栄養を管理する目的で行われる。

    注意事項

    径管栄養注入直前にチューブの先端が正しい位置に挿入されているか確認する。チューブの先端が誤った位置にあるまま注入すると、呼吸器合併症、窒息、腹膜炎などの重篤な状態を招きかねない。

    胃に消化されないままのこっている流動物の量により、次の注入量が決定される場合があるため注意が必要である。

    流動物注入後には必ず茶または白湯を注入する、チューブナイの栄養物の残留は、腐敗やチューブ閉塞の原因となる。

    胃や腸管を刺激しないよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    径管栄養法
    目的
    径管栄養法は、食事や水分を経口的に摂取できない場合、また活動に必要な量の食事が摂取できない場合に栄養チューブを介して積極的に栄養を管理する目的で行われる。
    注意事項
    径管栄養注入直前にチューブの先端が正しい位置に挿入されているか確認する。チューブの先端が誤った位置にあるまま注入すると、呼吸器合併症、窒息、腹膜炎などの重篤な状態を招きかねない。
    胃に消化されないままのこっている流動物の量により、次の注入量が決定される場合があるため注意が必要である。
    流動物注入後には必ず茶または白湯を注入する、チューブナイの栄養物の残留は、腐敗やチューブ閉塞の原因となる。
    胃や腸管を刺激しないよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。