エコー 超音波診断まとめ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数296
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護医療医学看護学

    代表キーワード

    看護超音波診断

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    超音波診断
    超音波診断は超音波が、密度の異なる媒体面で一部は反射し、一部は透過するという性質を持つことから、その反射波(エコー)をとらえて記録し、診断に利用しようとする方法である。
    実際には、体表に超音波発信機と受信機を兼ね備えた深触子(トランデューサー)を置き、まず超音波を発射し、ついでその反射波を受ける操作を繰り返す。
    この方法はパルスエコー法と呼ばれ、現在の超音波診断の主流となっている。
    超音波診断の利点と欠点
    利点
    人体に対して原理的な障害がない。妊娠中の検査にも使われる。
    苦痛を与えず、被検者に侵襲を伴わない。被験者が少し動いてもよい装置さえある。
    軟部組織の描出にすぐれている。囊胞..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。