精神科の診察介助について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数604
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    診察介助について
    入院生活における 治療方針 看護を円滑に有効的に行えるようDrへ日常生活の情報を提供し 指針や患者の現在の症状 状況を明確にしていく。
    診察日を患者に朝の集いにて知らせる。
    診察介助につくスタッフは投薬処方日には、処方箋を記事録にはさむ。
       スタンプの日付をあわせ精神療法の印鑑も準備しておく。
    処方日に関しては、薬局より一覧表が配布され、診察室にも貼付している。
    臨時処方が切れている場合、または不定期処方に関しては、ホワイトボードを確認し、リーダーへ報告Dr確認し、投薬の有無を明確にする。(毎回確認)
    変更時には、患者様へも必ず説明し、納得のいくまで話し合い同意を得るよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。