精神科・服薬管理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数3,010
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    服 薬 管 理
     
    精神科の薬物療法は、精神障害者の治療で中心的役割を果たしている。精神症状の緩和と安定を図り、医師やスタッフと患者間の治療関係を作り易くし精神療法や
    社会復帰療法を促進させるのに非常に役立っている。
    処方される薬剤は定期薬、臨時薬、頓服薬に分けられる。また、経口薬の他に坐薬
    注射薬として処方されるものもある。
      管理方法
     1、 薬は鍵のかかる場所に保管する。
    定期薬、臨時薬は薬品カートに入れて鍵のかかる場所(診察室)にて保管する。
    ストック薬は鍵のかかる棚にて管理する。
    薬保管時の約束事
    定期処方には日付けを入れる。
    臨時薬は、定期薬に取り付け、取り付け後の薬袋は切れる日..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。