精神科・鍵の管理(方法、注意点)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数17,376
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

        鍵 の 管 理
      病棟に鍵をかけなければならないことを理解して、患者様の安全と保護を図る。
    施錠箇所  
         病棟で入口、非常口、浴室、Nsステーション、などがある。
    方法
    施錠箇所を常に点検し、破損や開閉が円滑にいかない場合は、ただちに交換、または修理を依頼する。
    扉の開閉時には施錠確認を行い、患者の行動に注意し、事故(無断離院)につながらないように配慮する。
    鍵は患者にとって非情な心理的重圧を与えるので、目立たないように静かに取り扱う。
    常に身につけ、落としたり、置き忘れたり紛失しないように注意する。
    万一鍵を紛失した場合は、速やかに探すと同時に看護部に届ける。
    注意点
    鍵..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。