精神科・貴重品の取り扱いについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数643
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    貴重品の取り扱いについて
    貴重品や現金 預金通帳 印鑑など 家族に持ち帰ってもらうか 本人の管理能
    力に応じて保管庫(ロッカー)で、所持管理していただく。
    やむを得ず預かりの場合は、必ず 二名以上のスタッフで、本人 家族の立会い
    了解のもと具体的に内容を確認して 御貴重品袋を利用し預かる。
    預かったものに関しては、受け付けにて金庫管理とします。
    現金に関しては 小遣いとして入金するか、御貴重品袋にて管理するかを事務 
    と家族とで話し合っていきます。
    ロッカー使用者は、紛失のおそれについては十分に説明し家族へ了承を得る。
      しかし、大金(個人差はあるが一万円以上)は、病棟にて所持管理しないよう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。