精神科・隔離室(隔離の目的、留意点、方法)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数17,020
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

           隔 離 室 
      目的
    刺激を遮断して静穏で保護的な環境を提供することにより症状を緩和すること
    他害の危険を回避すること
    自殺あるいは自傷の危険を回避すること
    他の患者との人間関係が著しく損なわれないように保護すること
    攻撃性もしくは興奮性が顕著である患者を保護すること
    身体合併症を有する患者の検査及び治療を遂行すること
    (留意点・方法)
    精神保健福祉法に基づく保護室(隔離室)の使用基準を尊守する。
    精神保健指定医の指示が必要。
    患者様がどのような状態であっても、隔離の理由を明確に告げる。
    書面による告知が必要。
    隔離を開始した日時、解除した日時をカルテに明記する。
    *本人が希望..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。