吸引の目的、適応、方法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数5,498
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    吸  引
     
    吸引には、一次的吸引「目的により随時必要に応じて行う」
          持続吸引「目的に応じた吸引装置を使用」
    《目的》
    気道  上気道分泌、貯瘤物を吸引して気道の閉鎖を防ぐ。
        血液、創液などを吸引切除し創傷の治療を促進する。
    適応  外科的手術の術中、術後
     1 一時吸引
       吸引器の中に備えられているポンプの回転によって起こる吸引用真空の利用が吸引器の原理
    a 電気吸引器⇒モーターでロータリー式真空ポンプを作動させるもので、ポータブルな小型からキャビネット入りの大型まである。
    b 中央配管式吸引器⇒中央部に高出力の吸引ポンプと真空タンクがあり、これから病室内にパイプが通..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。