アルコール依存症を知る!

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数18
閲覧数1,014
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アルコール依存症とはどんな病気か?       
    アルコール飲料を長期にわたって連用していると、だんだんと強くなって大量に飲まないと酔わなくなる。やがて酒による問題が出始め、歳とともにひどくなっていく。しかし、いつでも飲める酒がないと不安であったり、飲酒が悪いとわかっていても、飲まないで辛抱することができない。アルコールの量をひかえたい、やめたいと思っても自分ではどうすることもできず、飲み続けてしまう。
    どうしてこうなるかというと、アルコールの持つ依存性によって、アルコール依存症が発病したためである。日本では300万人以上の人がこの病気にかかっていると推定されている。
    この病気の主な特徴は、酒の飲み方に問題がでてくることと、アルコールが切れてきたときに起きる「離脱症状」である。
     Ⅰ.酒の飲みかたの変化
      一口で言えば、アルコールをコントロールして飲むことができなくなった(コントロール障害)ということである。この病気になった人は少量でもアルコールを口にすると、ほどよい量で切り上げることができないで、やがて必ず酒による問題を起こしてしまう。つまり飲みながら正常な日常生活をすることは、も..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。