PICU全面禁煙の取り組み(精神科集中治療室)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数671
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PICU全面禁煙の取り組み
    はじめの一歩
    Key Words
    喫煙 禁煙 環境
    はじめに
    日本での成人の喫煙率は1966年頃,男性83.7%,女性18%をピークに2003年には男性46.8%女性11.3%と減少傾向にある。1)これまで日本においての精神科は喫煙対策の例外で,精神障害者が喫煙するのは仕方がないという風潮がつよかった。その理由として,統合失調症などの精神疾患では、喫煙によるニコチン摂取が精神症状を緩和する効果があるとされてきたこと,精神疾患患者に禁煙指導を行っても,禁煙の実行は難しいと思われてきたこと,精神科においては精神障害者もスタッフも喫煙問題に関する関心が低く,禁煙に関する情報がなかったことなどがあげられている。2) 実際,精神疾患患者の喫煙率は高く,日本たばこ産業株式会社:平成10年喫煙率調査では約80~90%程度の結果となっている。現在のところ病院機能評価機構のマニュアルにも精神科病院は「分煙」でよしとされている。3)今回私たちはPICU(精神病集中治療室 Psychiatry Intensive Care Unit:以下PICUという)内の全面禁煙に取り組み,1..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。