PICU(精神科集中治療室)のマニュアル  看護研究発表

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数5,364
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    PICU(精神科集中治療室)のマニュアル

    ①入室の目的

      Ⅰ.安全の確保

      Ⅱ.トラブルの防止

      Ⅲ.精神や身体の休息と睡眠の確保

      Ⅳ.合併症の予防

      Ⅴ.気分転換(安心のため)

    ②入室対象者

      幻覚・妄想や不安感・焦燥感などが強くなり、精神状態が不安定となった患者   

    Ⅰ.自殺企図や自傷行為がみられる患者

    Ⅱ.他の患者に対して暴力や迷惑行為・器物は損行為がみられる患者

    Ⅲ.急性精神運動興奮のため、不穏となり他動・爆発性が著しい患者

    Ⅳ.身体合併症があり、検査・処置・治療のために隔離が必要な患者

    Ⅴ.集団生活が不安となり自ら入室希望された患者

    ③ PICU内の対応

      Ⅰ.不安定な患者に振り回されないように落ち着いた態度で医療従事者であることを忘れずに接する

      Ⅱ.衝動行為のある患者は、複数のスタッフ(できるだけ多いほうがよい)で対応する

      Ⅲ.自殺や自傷行為のある患者は、観察を多くする。特に夜間帯は注意する

      Ⅳ.精神的安定時に十分なコミュニケーションを図っておく(安心感と信頼感ができる)

      Ⅴ.緊急時に素早く身体拘束や隔離ができる準備と心構えを常に持つ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PICU(精神科集中治療室)のマニュアル
    ①入室の目的
      Ⅰ.安全の確保
      Ⅱ.トラブルの防止
      Ⅲ.精神や身体の休息と睡眠の確保
      Ⅳ.合併症の予防
      Ⅴ.気分転換(安心のため)
    ②入室対象者
      幻覚・妄想や不安感・焦燥感などが強くなり、精神状態が不安定となった患者   
    Ⅰ.自殺企図や自傷行為がみられる患者
    Ⅱ.他の患者に対して暴力や迷惑行為・器物は損行為がみられる患者
    Ⅲ.急性精神運動興奮のため、不穏となり他動・爆発性が著しい患者
    Ⅳ.身体合併症があり、検査・処置・治療のために隔離が必要な患者
    Ⅴ.集団生活が不安となり自ら入室希望された患者
    ③ PICU内の対応
      Ⅰ.不安定な患者に振り回されないように落ち着いた態度で医療従事者であることを忘れずに接する
      Ⅱ.衝動行為のある患者は、複数のスタッフ(できるだけ多いほうがよい)で対応する
      Ⅲ.自殺や自傷行為のある患者は、観察を多くする。特に夜間帯は注意する
      Ⅳ.精神的安定時に十分なコミュニケーションを図っておく(安心感と信頼感ができる)
      Ⅴ.緊急時に素早く身体拘束や隔離ができる準備と心構えを常に持つ。
    ④..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。