小児の発達段階(思春期・青年期)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数5,697
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    小児の発達段階(思春期・青年期)
    1.概観
    思春期とは性的な成熟を主とする身体面の変化の激しい数年をいう。この身体的成熟から心理―社会的に成人とみなされるまでの間を青年期と呼ぶ。12~13歳から22歳頃までの約10年である。青年期は、児童期から成人期への移行期であるが、年齢的に限定することは、性差、個人差、民族差、文化の違いなどによって大変難しい。青年期の始まりを告げる思春期では、第二次性徴の出現、身体面の成長加速が特徴であるが、その開始年齢や速度、期間の面では個人差が大きく、早熟や晩熟の問題が、パーソナリティの発達や精神の健康に影響を及ぼしている。この第二次性徴は平均的にみると、約2年間続・・・
    2、発達課題 6項目・・・
    3、看護ケアの方針 3項目・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児の発達段階(思春期・青年期)
    1.概観
    思春期とは性的な成熟を主とする身体面の変化の激しい数年をいう。この身体的成熟から心理―社会的に成人とみなされるまでの間を青年期と呼ぶ。12~13歳から22歳頃までの約10年である。青年期は、児童期から成人期への移行期であるが、年齢的に限定することは、性差、個人差、民族差、文化の違いなどによって大変難しい。青年期の始まりを告げる思春期では、第二次性徴の出現、身体面の成長加速が特徴であるが、その開始年齢や速度、期間の面では個人差が大きく、早熟や晩熟の問題が、パーソナリティの発達や精神の健康に影響を及ぼしている。この第二次性徴は平均的にみると、約2年間続..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。