小児の採尿バック使用による採尿

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,232
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    幼児自立方法行動時間看護看護学

    代表キーワード

    看護看護学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児の採尿バック使用による採尿
    目的
    蛋白、糖、ケトン体、ビリルビンPHなどをスティックによる簡易検査で実施する。
    栄養・代謝の状態、腎の血液濾過、再吸収能力をチェックする。
    診断確定の補助や、患児の状態・治療効果を見る。
    対象
    主に幼児、乳幼児で排尿行動が自立していない場合。
    様々な疾病により、排尿行動が自立していない年長児。
    間欠尿の採尿方法
    間欠尿とは1回のみの採尿で、早朝尿・随時尿・無菌尿に分けられる。
    必要物品
    清拭タオル、採尿バック、検体容器、必要時判創膏
    方法
    女児の採尿
    陰部周囲を清拭し、汚れを充分に拭き取る。
    乾いたタオルなどで押さえ、皮膚をよく乾燥..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。