術前訪問に関すること

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数4,305
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    術前訪問に関すること
    ■項目
     目的
     適応
     必要物品
     方法
      1、面接の手順
      2、情報収集
      3、看護計画の立案
     注意事項
     
     
    目的
    手術を受ける患者の不安を軽減させ、患者が安心して手術を受けられるよう支援する。
    患者との面接を通して患者の全体像を把握する。手術患者の診療・看護記録から情報を収集し、正常域を外れている検査値や、周手術期看護に影響を及ぼすと思われる情報を得る。病棟看護婦との連携の場として、相互理解を図る。
    患者取り違え事故のないように、手術部看護婦は患者の特徴をとらえて、識別できるようにする。病棟看護婦との信頼関係を築く。
    適応
    局所麻酔下で手術を受ける患者(現在、眼科手術症例に実施している)
    全身麻酔下で手術を受ける患者(業務の都合で現在は実施していない)
    必要物品

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    術前訪問に関すること
    目的
    手術を受ける患者の不安を軽減させ、患者が安心して手術を受けられるよう支援する。
    患者との面接を通して患者の全体像を把握する。手術患者の診療・看護記録から情報を収集し、正常域を外れている検査値や、周手術期看護に影響を及ぼすと思われる情報を得る。病棟看護婦との連携の場として、相互理解を図る。
    患者取り違え事故のないように、手術部看護婦は患者の特徴をとらえて、識別できるようにする。病棟看護婦との信頼関係を築く。
    適応
    局所麻酔下で手術を受ける患者(現在、眼科手術症例に実施している)
    全身麻酔下で手術を受ける患者(業務の都合で現在は実施していない)
    必要物品
    オ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。