術後訪問看護基準

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数8,199
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■項目
     対象
     目的
     内容
     手順
     時間
     訪問者
     場所


    術後訪問看護基準                             
    対象 手術を受けた入院中の患者。
    特に、術後経過観察を要する問題が生じた患者は必ず行なう。 備考 目的 手術後、患者が苦痛なく・安全に経過したか観察する。
    術前訪問・周手術期看護に対する患者の声が直接確認できる。
    術後経過観察を要する問題が生じた場合、その経過を観察し改善策にいかす。 内容 1.術後の経過・現在の状態を観察する。
    現在の一般状態
    体位保持のための固定、抑制帯による障害の有無
    消毒液・絆創膏によるかぶれの有無
    2.患者の訴えに耳を傾ける
    ・ つらかったこと何か困ったことはなかったか
    手術や麻酔について説明

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    術後訪問看護基準                             
    対象 手術を受けた入院中の患者。
    特に、術後経過観察を要する問題が生じた患者は必ず行なう。 備考 目的 手術後、患者が苦痛なく・安全に経過したか観察する。
    術前訪問・周手術期看護に対する患者の声が直接確認できる。
    術後経過観察を要する問題が生じた場合、その経過を観察し改善策にいかす。 内容 1.術後の経過・現在の状態を観察する。
    現在の一般状態
    体位保持のための固定、抑制帯による障害の有無
    消毒液・絆創膏によるかぶれの有無
    2.患者の訴えに耳を傾ける
    ・ つらかったこと何か困ったことはなかったか
    手術や麻酔について説明..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。