集団精神療法(お茶会)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数444
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    集団精神療法(お茶会)
    目的
    病棟内患者のアクティビィティを高める。
    入院患者が日頃考えていることの発言の場を確保する。
    医療者と入院患者との意見交換、フォーマルな場でのコミュニケーションを図る。
    患者の社会適応の困難さを改善する。
    治療を終えて再び集団の中に帰っていくので、集団の中での対人関係のあり方を学ぶ。
    方法
    週一回、1時間程度を目安とし、テーマを決めて話し合う。
    場所は精神科病棟ディルームを利用する。
    参加者は、入院患者、医師、看護者、作業療法士、医学生、看護学生、患者家族とする。
    必要物品
    記録用ノート、黒板 、テーブル 、椅子、ソファー
    お菓子、お茶、コーヒー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。