手術室看護レポート 手術体位

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数12,909
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    手術体位
    <手術体位の条件>
    安全で安楽な体位であること。
    十分な術野が得られること。
    麻酔がかけやすく観察しやすい体位であること。
    <看護のポイント>
      体位の生理的な意義と生体に及ぼす影響をよく認識する。そして、固定具の適切な利用により手術台を患者にとって安楽な形体にし、苦痛を与えないで安全な固定を行う。 ・・・

    --------------------------------------------------------------------------------------------
    項目                            実際                       備考
    --------------------------------------------------------------------------------------------・
    安全な体位の条件             実際には手術体位や神経麻痺の種類、
    体位固定の注意               その原因、器具の種類・使用法などを詳しく記入してます
    体位固定の生体への影響
    1、神経系に及ぼす影響
    2、循環系に及ぼす影響
    3、呼吸系に及ぼす影響
    4、筋、および骨組織に及ぼす影響
    体位固定具の種類と方法
    保護材料の備えるべき条件

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    手術体位
    <手術体位の条件>
    安全で安楽な体位であること。
    十分な術野が得られること。
    麻酔がかけやすく観察しやすい体位であること。
    <看護のポイント>
      体位の生理的な意義と生体に及ぼす影響をよく認識する。そして、固定具の適切な利用により手術台を患者にとって安楽な形体にし、苦痛を与えないで安全な固定を行う。 項目 実     際    備考 安全な体位の条件
    体位固定の注意
    体位固定の生体への影響
    1、神経系に及ぼす影響 麻酔がかかっている患者でも、長時間耐えられる。
    神経が損傷しない。
    電気メスや漏電による熱傷の危険が無い。
    気道を塞がず呼吸・循環を妨げない。
    無理な力が一切加わらない。
    1、患者の人間としての尊厳を保つために不必要な露出を避ける。
    2、手術体位の固定は、麻酔導入後に麻酔医のもとに行う。
    3、筋肉・神経突起部に、圧迫を加えないように十分に当てものを用いて保護し、褥創や神経麻痺の合併を防ぐ。
    4、血流の遅滞が起こると血栓形成をきたすので、身体各部の圧迫をさける。特に四肢の圧迫に注意する。
    5、体位固定後、看護師・外科医・麻酔医は患者を全側面から危険がないか確認する。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。