自動血沈測定装置による赤血球沈降速度の測定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,202
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自動血沈測定装置による赤血球沈降速度の測定 (ESR:Erythrocyte sedimentation rate)
    目的
    炎症性疾患などのスクリーニング検査。
    対象または適応
    炎症疾患が疑われる患者
    必要物品
    採血管(3.8%クエン酸ナトリウム0.6ml入り)、採血ホルダー、ベノジェクト採血針、消毒綿、ガラス棒、キャップ、自動血沈測定装置
    方法
    必要物品をそろえて、患者に説明して採血する。
    3.8%クエン酸ナトリウム(0.6ml)と血液(2.4ml)とをよく混和する。
    キャップに空泡のできないように血液を注ぐ。
    ガラス棒を最下部まで挿入し血液が上昇したら、自動血沈測定装置に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。