事前学習 精神看護・法律とあゆみ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数900
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神看護学臨地実習Ⅰ  事前学習課題
                                   
    精神保健対策のあゆみ
    精神障害者社会復帰施設がはじめて法定化された年と内容
    1987年:「精神保健法」にて初めて医療施設とは別に援護寮、福祉ホーム、授産施設等の社会復帰施設が位置づけられた
    2)平成5年精神保健法の見直しされた内容
    1993年(平成5年)の改定でグループホーム制度が追加され、社会復帰の促進、精神障害者社会復帰促進センターの創設、精神障害者の定義の見直し、調理師、栄養士など資格制度の緩和(相対的欠落事由への改正)が行なわれ精神障害者を地域で支える施策が少しづつ伸展してきた
    3)精神保健福祉法の成立の年、目的、見直された事項
    1995年(平成7年)精神保健福祉法成立。法に福祉が明定され社会参加が目的のなかに明示され精神障害者保健福祉手帳制度、生活訓練施設、授産施設、福祉ホーム、福祉工場の4類型の法的な位置づけ、通院患者リハビリテーション事業の法定化、市町村の役割の明示、医療費の保険優先化などが規定された。「疾患と障害を明確に区分すること」いう付帯決議もなされた。
    2.地域生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。