視力測定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数757
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    測定目的手動判断看護看護学

    代表キーワード

    看護看護学視力測定

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    視力測定
    目的
    物の形や位置を見分ける眼の能力が正常にあるかどうかを知る。
    必要物品
    字詰まり視力表、字ひとつ視力表、検眼枠、遮蔽板
    方法
    オートレフラクトメータ(自動屈折測定器)を使用し、屈折度を測定する。
    眼鏡を持っている人は、眼鏡の度数を測定する。
    視力表と5m離れた椅子に坐ってもらう。
    裸眼視力を片眼ずつ測定する。
    大きい視標から順に小さい視標を読ませ、最小の視標を視力とする。
    同列5視標中3つ以上正答したものとする。
    5mで0.1の視標が見えない時は0.1の字ひとつ視力表を持って近づき、見えた距離で判断する。 視力=0.1×X/5(例)3m=0.06
    0.5mで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。