視野検査

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,323
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    障害方法看護看護学

    代表キーワード

    看護看護学視野検査

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    視野検査
    目的
    患者に一点を注視してもらい、見える範囲を測定し、その範囲から障害の程度や部位を知る。
    対象
    緑内障、網脈絡膜疾患、視神経炎の患者
    心因性視覚障害(ヒステリー)、視路障害(下垂体腺種、頭蓋咽頭種、脳動脈瘤、後頭葉の占拠性病変や梗塞など)の患者
    検査の種類
     1.対座法
    医師あるいは視能訓練士と患者が向かい合って座り、指標を患者に注視してもらい指標の動きが確認できた時点でその範囲を確認する。
     2.アムスラーチャート
    桝目のチャートを見てもらい、その範囲がどの程度見えるか、線に歪みがないかどうかを調べる。
     3.動的量的視野(ゴールドマン視野)
    中心を注視しても..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。