子宮復古不全患者の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,654
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子宮復古不全
    妊娠中に肥大した子宮筋細胞は,産褥期を通じてもとの大きさに戻るが,この回復過程が遅れた状態をいう
    原因
    子宮復古不全の原因で最も多いのは,卵膜片の残留であるが、子宮筋腫合併、子宮後屈,多胎分娩、早産,非授乳婦,頻産婦などにおこりゃすい。
    原因としては,子宮収縮を妨げる場合(卵膜・胎盤の残留,子宮筋腫など),子宮筋が妊娠中に増大した場合(多胎妊娠,羊水過多など)などがある。
    症状
    正常産褥日数に比して,子宮が大きく柔軟に触知され,子宮底が高く,子宮頸管の閉鎖も遅延する.血性悪露が長く続き,量も減少にくい.
    残留した胎盤片や卵膜片は自然に排出されることが多い。ときに大量出血することも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。