母性看護計画 子宮癌患者の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,779
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                               子宮癌疾患患者の看護
    <看護>



    標 ・手術に対する不安を軽減し手術に望める
    ・術後合併症を予防し早期回復を図れる
    ・生殖器喪失に対して受容する事が出来る
    ・退院後の不安が軽減出来る






    ト ・不安の緩和
    ・合併症の予防
    ・再発防止
    ・日常生活指導           O           T       E   備    考   (OPE前)
    1術前の不安や心配が、軽減した事を表現出来る
    1)入院への適応状況
     2)疾病、検査、治療に関する情報量とその理
       解度
     3)表情、言語、態度の表出状況と不安の程度
       の関係
     4)食欲、食事摂取状況
     5)身体症状の有無と程度
     6)睡眠状態
     7)サポ-トシステムの状況
     8)性格状況
     9)対処状況と対処能力
    10)家族の協力態度
      (OPE後)
    1創やチューブ、ドレーンからの出血が100〓
     /h以内である。
     1)創からの浸出液、出血量、性状
     2)後腹膜腔ドレーンからの出血量、性状
     3)腹部膨満、下血、吐血
     4)V.S、尿量、意識..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。