手術室看護 砕石位時の看護2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数3,909
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護神経観察看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    適応 肛門・会陰操作など行う手術(肛門科、婦人科、泌尿器科など) 術前情報収集 術前訪問時に患者と共に各関節の可動域・痛み・痺れなどの確認を行う。 麻酔導入 麻酔導入は手術台の上で仰臥位にて行う。 体位変換準備 術者と共に支脚器の長さや角度を調節し、固定する
    支脚器と下肢が直接接触しないように、間に挟む除圧クッションを用意する。
    仙骨部の除圧のためにアクションパッドやムートンを用意する。 体位変換 仰臥位とした患者の臀部を手術台の端に移動する。
    必ず頭側1名、体幹2名、下肢1名の4名以上で行う。
    股と膝で直角に曲げ、下肢を支脚器に固定する。
    術者と共に再度、支脚器の長さ、角度を調節する。
    下肢..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。