連関資料 :: 採血(静脈血、薬物血中濃度)

資料:564件

  • 中心静脈栄養
  • 中心静脈栄養 ■目的  ・高張、高濃度の薬液・栄養を注入する ■適応  ・長期にわたり静脈栄養を必要とし、濃縮高張栄養剤を使用する場合 ■利点  ・計画的に栄養管理がなされる  ・太い血管に挿入するため血栓ができにくく、血流も早いため、浸透圧の高い輸液であって    も静脈
  • 医療 看護 中心静脈栄養 消化器
  • 540 販売中 639560/06/12
  • 閲覧(1,419)
  • IVH中心静脈カテーテル
  • 中心静脈カテーテル(IVH) ○太い静脈にカテーテルを留置すること ○中心静脈カテーテル留置は医師が行い、看護師は補助をする ■目的  ・高カロリー栄養  ・中心静脈圧の測定  ・末梢静脈の穿刺が困難な場合の血管確保  ・急速な大量輸液 ■使用する血管 鎖骨下静脈 内頸静脈
  • 看護 医療 疾患 検査 中心静脈カーテル IVH
  • 540 販売中 639560/03/01
  • 閲覧(1,446)
  • 薬物の特異的作用と受容体
  • 薬物は細胞内のタンパク質,核酸,脂質などの生体分子と相互作用し,その分子の作用 を増強したり抑制したりする.相互作用とは Physical interaction を指し,水素結合・静 電相互作用・ファンデルワールス相互作用・疎水結合がこれにあたる.薬物が結合する生 体分子は受容
  • アセチルコリン タンパク質 神経 分子 薬物 細胞
  • 540 販売中 638626/03/04
  • 閲覧(496)
  • 二日目午前Ⅱ 薬物動態学 製剤学
  • 薬物動態学 生体膜透過 単純拡散 単純拡散による膜透過は,拡散に関するFickの法則に従い,透過速度は濃度勾配に比例する。 ○ 87-152、81-155 単純拡散による膜透過は、Fickの法則に従い、透過速度は濃度勾配に比例する。 ○ 92-151 単純拡散により生体
  • 薬学 製剤学 薬物動態学 薬剤師
  • 3,240 販売中 638609/06/21
  • 閲覧(2,525)
  • 二日目午後Ⅰ 薬物治療学
  • 薬物治療学 項目 問題文 正誤 国試回 - 問題番号 検査・診断 尿検査値の変動 腎疾患の診断目的で尿検査をする場合には、尿道口付近をできるだけ清浄にした後、出始めの尿を捨て、中間尿を採取する。 ○ 90-181 尿中β2-ミクログロブリン量の上昇は尿細管障害の指標とな
  • 薬物治療学 薬学 薬剤師
  • 3,240 販売中 638609/06/21
  • 閲覧(1,574)
  • 精神科リハビリにおける薬物治療について
  • 精神科リハビリにおける薬物治療について 1.薬物維持療法  精神分裂病や重度感情障害の症状憎悪や再発を最小限に抑えるために薬物維持療法が重要であることは議論がつくされている。ライフ・イベントや高レベルの感情表出といった社会心理学的な要因が再発を誘発することがよくあり、薬物の維持投
  • 薬物 治療 福祉 リハビリ 精神障害
  • 540 販売中 638600/07/14
  • 閲覧(894)
新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?