血液疾患看護計画 再生不良性貧血患者の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数10,695
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    再生不良性貧血患者の看護 
    < 看 護 >  



    標 ・貧血症状に注意し、日常生活の危険防止に努める。
    易感染状態に注意し、感染防止に努める。
    出血傾向に伴う症状を観察し、それらの看護を行う。
    各種療法に対する治療内容を理解し、副作用に対して援助する。
    看護のポイント 日常生活の危険防止
    感染予防
    出血傾向に対する看護
    O        T E 備考 1.貧血症状
    貧血症状の状況
    体動時の動悸、息切れ                                  
    立ちくらみ、歩行時のふらつき
    頭痛、倦怠感、熱感
    2)眼球結膜、爪床などの蒼白の有無
    日常生活状況
    臥床の頻度
    睡眠状態
    4)不安の有無
    2.易感染状態
    血液検査データ
    感染症状:咽頭痛、口腔粘膜の潰瘍形成など
    バイタルサイン
    食事の摂取量
    疾患、感染に対する認識
    3.血小板減少に関連する出血傾向
    血液検査データ:血小板
    出血傾向の程度、部位、全身の観察
    皮下点状出血の部位
    口腔粘膜、歯肉、鼻腔、肛門粘膜、性器など
    頭蓋内出血:頭痛、吐気、血圧上昇、意識レベル低下、麻痺
    4.治療や副作用に関連したリスク状..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。