骨盤牽引

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数4,486
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    ストレス運動指導知覚方法合併時間精神神経目的看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    骨盤牽引
    目的
    腰部の安静と筋の緊張の除去、疼痛緩和、椎間板を広げるため、また、頚椎の対抗牽引として用いられる。
    適応
    急性・慢性の腰痛、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症等
    予測される危険性 または合併症
    大腿皮神経圧迫による大腿前面の知覚異常
    長時間牽引することによる局所の発赤、仙骨部発赤
    精神的ストレスによる不眠
    必要物品
    骨盤牽引用コルセット、牽引用具一式2組(S字フック2個、ロープ2本)、重錘、牽引用フレーム、離被架、ベッド板(ギャッジベッド用あるいは1枚板、または硬めのマットレス)、必要時( 反対牽引用具、タオル)
    方法
     事前の準備
    患者に骨盤牽引を施行する目的・必要..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。