骨髄穿刺(BMP:bone marrow picture)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数5,212
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    家族看護方法観察不安呼吸協力時間感染感染症看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    骨髄穿刺(BMP:bone marrow picture)
    目的
    血液疾患の診断
    疾患の経過、治療に対する反応の検討
    原発性、転移性の腫瘍、感染症、肉芽腫性疾患の診断
    細菌、その他の病原体の分離、同定
    適応
    悪性貧血、再生不良性貧血、白血病、血小板減少症紫斑病、脾腫、感染症など
    禁忌
    血友病と、その類似疾患
    合併症
    骨髄炎
    出血性素因患児は、出血、血腫形成
    穿刺針の刺入により、重要臓器の誤穿刺
    必要物品
    ワゴン、小デッキ1枚、穴あきデッキ1枚、骨髄穿刺針、注射器(5ml:1本、10ml:1~2本)、注射針(23G:麻酔用 、21G:麻酔用、18G:皮膚切開用、各1本ずつ)、局所麻酔薬(0.5%キシロカイン液1本)、へパリン、皮膚消毒薬(イソジン、ハイポアルコール)、滅菌ガーゼ(4つ折、8つ折)、圧迫ガーゼ(コロ)、テープ、セッシ、滅菌ゴム手袋(医師用)、検血用容器
    方法
    1.事前の準備
    患児および家族に検査についてわかりやすく説明し、了解を得る。
    特に禁食の必要はないが、鎮静剤を使用する場合は2時間前から禁食とする
    排尿をすませておく。
    必要物品をワゴン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。