外科看護計画 骨髄腫患者の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,044
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                                骨髄腫患者の看護
     < 看 護 >



    標 ・疼痛が緩和され、苦痛なく安全に日常生活が送れる
    ・疼痛や予後に対しての不安が軽減する
    ・骨折や、感染症、腎不全などの合併症を起こさない
    ・治療に伴う副作用による苦痛が緩和する






    ト ・疼痛および不安による心身の苦痛の緩和
    ・合併症の予防
    ・化学療法、放射線療法による副作用の観察と症状に伴う苦痛の緩和           O           T       E   備    考  1)疼痛の部位、程度、腫脹、熱感、発赤、圧
       痛  自発痛、持続時間
     2)病的骨折の有無とその部位、程度、機能障
       害循環障害、神経障害、知覚障害、膀胱直
       腸障害の有無
     3)疼痛に伴う、食欲不振の有無と程度
     4)睡眠状況
     5)患者の病識、程度
      ①疾病、治療に対する反応及び理解度
      ②病状説明内容
      ③不安様表情、言動、態度
      ④インテリジェンス(性格、精神面、知的レ
       べル)
      ⑤死対する受容
     6)社会的な背景
      ①職歴、収入、金銭面..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。