糖尿病レポート 高血糖の人体への影響

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,510
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高血糖の状態が続くと体の中で次のようなことが起こります。
    血液中のブドウ糖がLDL(低比重リポ蛋白質:細胞膜成分の材料やステロイドホルモン合成に利用される)と結合し糖化蛋白質になると、血管壁にコレステロールが沈着して動脈硬化を引き起こす。
    血液中のブドウ糖がHDL(高比重リボ蛋白質:血管の内膜や細胞に付着した余分なコレステロールを取り除く)と結合し糖化蛋白質になると、HDLの働きを悪くし、血液中のコレステロールを増やして動脈硬化が起こる。
    インスリンの血中濃度が高くなると、尿中に排泄されるはずのナトリウムが腎臓で再吸収され、体内にナトリウムが増加し、細胞内から血液中に水分が多く取り込まれて循環..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。