甲状腺生検・PEIT

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,951
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    組織IT細胞治療エコ看護看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    甲状腺生検・PEIT
    目的
    生検:細胞診は甲状腺から注射針で細胞を採取し、細胞の形から腫瘍が良性か悪性かを判定する。組織診は生検針で病変組織を採取し、病気の診断を行う。疾患の良性、悪性のみならず、治療効果をみることができる。
    PEIT:病巣部に高濃度のアルコールを注入することで細胞を死滅させ治療する。
    適応
    生検:甲状腺に腫瘍などの異常があり、病理診断がついていない場合。
    PEIT:甲状腺・副甲状腺・頚部リンパ節に病変がある場合。
    禁忌
    出血傾向のある患者
    理解力に問題があり指示に従えな患者、安静が保てない患者
    合併症
    出血
    穿刺部の痛み
    反回神経麻痺
    必要物品
    生検: 生検パック(ガーゼ5枚・滅菌ドレープ1枚・穴開きドレープ1枚入り)、エコーガイドセット(エコープローベ1個・プラスチックピッチャー1個・プラスチックシャーレ1個・クーパー1個・デッキクレンメ1個・モスキート1個・スライドグラス1個・ろ紙4枚・鉛筆1本入り)、吸引ピストル、10ml注射器2~5本、18G針1本、22Gカテラン針3~5本、0.5%カルボカイン10ml 1A、キシロカインゼリー、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。