甲状腺機能亢進症患者の放射性ヨード(I

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数712
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護治療ゴミ時間汚染看護学

    代表キーワード

    看護

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    甲状腺機能亢進症患者の放射性ヨード(I-131)治療について
    目的と原理
    ヨードはホルモン合成のため、甲状腺に摂取される性質をもつ。放射性ヨード(I-131)も同様に甲状腺に取り込まれ、ベータ線を放出して周囲の組織を壊し、機能を下げる働きを利用する。
    必要物品
    放射性ヨード(I-131)カプセル必要量(事前にヨード摂取率、重量、有効半減期により計算する)、プラスチックコップ1個と水または白湯、ディスポ手袋1双、セッシ1本又は割りばし1本
    方法
    服用2週間前より、指示によりヨードを含む食品、薬品の摂取及び使用を禁止する。
    医師が患者の手掌に放射性ヨード(I-131)を1カプセルづつのせ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。