喉頭癌疾患患者の看護 看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,402
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    喉頭癌疾患患者の看護
    < 看 護 >




    <術前>
    1)手術に対する不安が軽減し、自ら受け入れて手術に望める。
    2)身体状態を整え、術前準備を円滑に進めることができる。
    <術後>
    1)意志の伝達がうまく行なえ、ストレスを生じない。
    2)合併症、二次的障害を起こさない。
    3)代用発声に対する期待や自信が持て、社会復帰ができる。 看護のポイント <術前>
    1)失声に対する不安への支援
    2)嚥下障害に伴う栄養低下の改善
    <術後>
    1)コミュニケーション手段の工夫
    2)気道閉塞、肺炎、縫合不全を起こさない。
    3)代用発声取得のためのリハビリテーション
    4)社会復帰のための日常生活適応への支援          O          T       E  備  考 <術前>
    1)疾患・手術に対する認識、理解度
    2)失声となることの了解の有無と受け止め方
    3)精神的動揺の有無
     ①不眠②食欲不振③いらいら④抑うつ
    4)症状の把握
     ①嚥下、誤嚥の有無程度
     ②嗄声
     ③呼吸状態
    5)全身状態
     ①栄養状態、貧血の有無
     ②身長、体重全身麻酔時の検査一般、
    スパイロ、アストラップ
    6)日

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    喉頭癌疾患患者の看護
    < 看 護 >




    <術前>
    1)手術に対する不安が軽減し、自ら受け入れて手術に望める。
    2)身体状態を整え、術前準備を円滑に進めることができる。
    <術後>
    1)意志の伝達がうまく行なえ、ストレスを生じない。
    2)合併症、二次的障害を起こさない。
    3)代用発声に対する期待や自信が持て、社会復帰ができる。 看護のポイント <術前>
    1)失声に対する不安への支援
    2)嚥下障害に伴う栄養低下の改善
    <術後>
    1)コミュニケーション手段の工夫
    2)気道閉塞、肺炎、縫合不全を起こさない。
    3)代用発声取得のためのリハビリテーション
    4)社会復帰のための日常生活適応への支援          O          T       E  備  考 <術前>
    1)疾患・手術に対する認識、理解度
    2)失声となることの了解の有無と受け止め方
    3)精神的動揺の有無
     ①不眠②食欲不振③いらいら④抑うつ
    4)症状の把握
     ①嚥下、誤嚥の有無程度
     ②嗄声
     ③呼吸状態
    5)全身状態
     ①栄養状態、貧血の有無
     ②身長、体重全身麻酔時の検査一般、
    スパイロ、アストラップ
    6)日..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。